Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アテニアクレンジングの口コミや効果の真実をし暴露ます!実際に使ってみたレビューも紹介。効果について悪い口コミも包み隠さず掲載。クレンジング選びで失敗しない為に是非参考になればと思います。

【写真付き】アテニアクレンジング本音の口コミと実感できた効果とは?

アテニアクレンジング

アテニアクレンジングの成分と副作用について!敏感肌だけど肌荒れは起こらない?

更新日:

肌にこびりつくことで、くすみの原因になってしまうと言われているのが「肌ステイン」ですが、”ロックローズオイル” には、その肌ステインを除去する力があるということが分かりました。

そして、そのロックローズオイルを日本で初めて、化粧品の原料として使用したのが「アテニア スキンクリア クレンズオイル」なんです!

毎日のクレンジングで、メイクと一緒に肌のくすみまで取り除いてくれるアテニアクレンジングオイルですが、どんな成分から出来ているのかちょっと気になりませんか?

 

今回は全成分を解析して、副作用や敏感肌の人にも使えるクレンジングオイルなのかどうか?というところも調べてまとめました。

これから買おうかなぁ、どうしようかなぁ・・と迷っている人は是非参考にしてみてください。

 

アテニアクレンジングの全成分

これがアテニアクレンジングオイルの全成分です。

この中から特徴のある成分を分析していきます!

 

肌ステインに効果が期待できる成分

シスツスモンスぺリエンシスエキス 

これがロックローズオイルのことです。

ロックローズとは、紫外線の強い環境にありながら、キレイな花を咲かすことが出来る、イタリアやフランスの高地が原産の植物のことです。

ロックローズオイルには、肌のくすみの原因になり得る肌ステインをゆるめて、肌から引き離してくれる力があることが分かっています。

化粧品の原料としてロックローズオイルを配合したのは、アテニアクレンジングオイルが初めてなんですよ!

 

ヘリクリスムイタリクムエキス

イモーテルオイルのことです。

イモーテルとは、カレーのような香りがすることから、カレーの木とも呼ばれるキク科の植物です。

活性酸素に働きかけて、肌ステインが発生するのを防いでくれる効果が期待できます。

 

アテニアクレンジングに配合されている界面活性剤

アテニアクレンジングオイルには、下記の界面活性剤が配合されていますが、すべて非イオン系で低刺激な成分なので安心して使えます。

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10 乳化作用と高い保水効果があるので、メイク汚れなどの油分を落としながらも、肌に潤いも与えてくれます。
オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20 洗浄力の高い成分ですが、皮膚への刺激は比較的少ない成分です。
ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20 洗浄力が高い成分なので、クレンジングをしながらマッサージをするなど、長時間肌につけておくのはおすすめ出来ませんが、すぐに流せば問題ないです。
ステアリン酸イヌリン 洗浄剤、乳化剤として配合されます。

特に敏感肌の方は界面活性剤には注意してください。

低刺激なものばかり集めて配合されているので大丈夫だとは思いますが、稀にかゆみが出ることがあります。

 

保湿やエモリエント効果のために配合されている成分

エモリエント効果というのは、肌のうるおいを保ち皮膚を柔軟にする効果のことです。

そんなエモリエント効果や保湿効果の高い成分が、アテニアクレンジングオイルにはたくさん配合されています。

エチルヘキサン酸セチル エモリエント作用のあるオイルで、保湿効果を高めて肌を保護してくれます。
ジイソノナン酸BG 肌を滑らかにするエモリエント成分です。
バオバブ種子油 バオバブオイルのことで、高い保湿作用、抗酸化作用があり、肌を滑らかにしてくれます。
アルガニアスピノサ核油 アルガンオイルのことで、高い保湿効果だけでなく毛穴の汚れをキレイにしてくれる効果もあります。
パーム油 アブラヤシの果実からとれる植物油で、肌の老化防止、保湿効果のある成分です。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル エモリエント効果のあるオイルです。
パルミチン酸アスコルビル 油溶性のビタミンC誘導体で、抗酸化作用やエモリエント効果が期待できます。

 

5種類のアロマ

アテニアクレンジングオイルには、汚れと一緒に一日の疲れを落としリラックスさせてくれる、5種類のアロマが配合されています。

アメリカネズコ木水(レッドシダー) 不安や緊張をほぐしてくれる効果があります。肌に対しては殺菌作用があります。
レモングラス油 リフレッシュ効果の他に、肌への効果としては殺菌効果、血行促進効果があります。
ベルガモット果実油 柑橘系の爽やかな香りがして、リフレッシュ効果があります。殺菌作用もあります。
ビターオレンジ花油(ネロリ) 明るく前向きな気持ちにさせたり、リラックスさせてくれる効果があります。肌への効果としては保湿効果もあります。
ラベンダー油 リラックス効果、安眠効果があります。肌への効果としては、殺菌効果、抗炎症効果、ターンオーバー促進効果などがあります。

アロマの精油系でアレルギーを持つ人は、この中に苦手なものがないかを確認してください。

 

品質を安定させるために配合されている成分

(べヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリル 増粘剤や乳化安定剤として配合されます。
トコフェロール ビタミンEのことで、酸化を防止する目的で配合されます。
香料 香料です。
フェノキシエタノール 防腐剤として化粧品に配合されます。名前に「エタノール」とついていますが、エタノールではありません。

フェノキシエタノールは刺激でかゆみが出る人もいる成分ですので、肌が弱めの方は注意が必要です。

 

アテニアクレンジングオイルで副作用がでることはある?

全ての成分を調べてみた結果、ほとんどの成分は肌への刺激が少なく、安全なものであることが分かりましたね。

しかし、オイルやアロマ成分など、植物由来のものも配合されていることから、アレルギーに関しては注意が必要です。

体質によっては、すべての成分がアレルギーを起こす可能性があるので、心配な方は使用前にパッチテストを行って下さい。

 

アテニアクレンジングは敏感肌の人でも使える?

ほとんどが低刺激な成分で出来ているアテニアクレンジングオイルですが、これは健康な肌の人に言えることです。

敏感肌の人にとっては少し気を付けた方がいい成分がいくつかあるので、紹介します。

 

次の4つの成分はすべて界面活性剤です。

先ほども説明したように、これらは非イオン系の界面活性剤なので、界面活性剤の中では低刺激な方ですが、敏感肌の人には刺激になる可能性がある成分です。

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、ステアリン酸イヌリン 

さらに、フェノキシエタノールはかゆみが出る場合がありますので敏感肌の人は注意です。

 

敏感肌の人がアテニアクレンジングオイルを使用する際には、やはり使用前にパッチテストを行った方がよさそうですね。

 

まとめ

アテニアクレンジングオイルの全成分を調べてみた結果、全体的には低刺激で肌に優しいクレンジングオイルということが出来そうです。

ただ、肌が敏感な人やアレルギー体質の人などには、少し気になる成分も含まれますので、使用前にパッチテストをしてから使う方が安心なようですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YUUU

YUUU

23歳で子育て中の専業主婦のYUUUと言います。 美容グッズが大好きで、スキンケア、コスメ、ダイエットグッズには敏感ですぐに買って試しちゃいます(^O^) 最近の悩みは鼻周りの毛穴の黒ずみ、、。 毛穴ケアにエステ代5万を使っていますが、この出費も毎回は痛いので、前から気になっていたクレンジングを試してみる事に!! 『アテニアのクレンジングオイル』です。毛穴改善してくれるか楽しみです♪

-アテニアクレンジング

Copyright© 【写真付き】アテニアクレンジング本音の口コミと実感できた効果とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.